1. TOP
  2. タダからできる!シミを予防してマイナス5際肌になる方法
Sponsored Link

タダからできる!シミを予防してマイナス5際肌になる方法

be56efd990a5a57177e1f7e1a58ae9d5_s

シミない均一な肌へ、シミバイバイ。

シミがないのはもちろんのこと、なんとなくのくすみ感もない均一な肌。いつまでもそんな肌でいたい。

それなのに、いつのまにか現れてしまうシミ。

シミが顔にたったひとつできただけで凹んでしまう。シミがあるだけで老けて見えてしまうし・・・

シミがあるのとはいのとでは5歳は違う。

シミとひとくちに言ってもその原因などによりいくつかの種類があります。

まずはシミの種類についてみてみましょう。

Sponsored Link

シミの種類

シミの種類の種類としては以下のようなものがあります。

  老人性色素斑

  脂漏性角化症、

  雀卵斑(ソバカス)

  炎症性色素沈着

  肝斑

  遅発性太田母斑(先天性の青アザ)

  花弁上色素斑などがあります。

老人性色素斑

いわゆる日焼けが原因のシミ。これまで浴びてきた紫外線によるダメージが原因です。

年齢を重ねると、時間の経過に伴い現れてくるものとされています。薄茶色で輪郭がはっきりとした類円形をしているのが特徴です。

雀卵斑(ソバカス)

鼻から頬に小さな斑点が広範囲にできてしまうのは雀卵斑と呼ばれています。これはいわゆるソバカスのことです。遺伝によるので、小さい頃からあるならソバカスだと思われます。また一般には色白の女性に多いようです。

肝斑

主に30〜40代の女性にみられれ、眼の下に左右均一にできます。

女性ホルモンのバランスの乱れが影響していると言われおり、閉経する50代頃になると消えます。紫外線や肌を擦ること、パッティングや強いマッサージなどは悪化の原因になりうると言われています。

脂漏性角化症

小さいイボのようなものです。色は褐色調ですが、健康な皮膚に近い色調のものから黒色調のものまでさまざまな濃さのものがあります。大きさは数mmから2〜3cmくらいで、わずかに盛り上がるものから突出したしこりになるものまであります。

発生の原因は、紫外線の影響や皮膚の老化です。皮膚の良性腫瘍のためそのままにしていても特に問題はないとされています。ただ見た目的にきになるという方もいると思います。

治療法としては、手術、凍結療法、レーザー治療、電気外科的治療などがあります。小さい場合は、医療機関でCO2レーザーや電気メスなどで取り除くことができます。

私も数年前、肌の色とかわらない小さいのが数個ありましたのでクリニックでとってもらいました。麻酔クリームをして、レーザーのメスのようなもので取ってもらいました。まだ、1つ小さい気になるのがあります。

肌質的にできやすいという方もいるそうです。

その他

目元はアイシャドーなどのメイクが残ったままだったり、メイク落としのさいにゴシゴシこすることも色素沈着原因のひとつだと言われています

こするとメラニンを生みます。そうするとシミのなるのです。また体も下着が擦れる箇所や背中などをゴシゴシ洗いすぎると色素沈着してしまうことがあると言われています。

シミ予防するには?

それではシミを予防する方法ですが、

  紫外線対策する

  肌の代謝、ターンオーバーを高める

  抗酸化作用が高い食べもの、ビタミンCをとる

  美白化粧品を使う

などがあげられます。

紫外線対策する

シミの一番の原因はなんと言っても紫外線。やはり原因である紫外線をしっかりとブロックすることが大切です。できれば浴びないに越したことはない。特に、肌の奥まで届いてダメージを与える紫外線A波はガラスを透過すると言われています。室内でも対策は必要です。

またちょっとしたゴミだしやベランダでの洗濯物干しにとすっぴんで外に出ていませんか?いわゆる生活紫外線と呼ばれるものは毎日であるがゆえに肌への蓄積が大きいと言われています。ちょっとした際にも紫外線対策は必須です。

肌の代謝、ターンオーバーを高める

肌のターンオーバーは通常28日周期と言われていますが、加齢とともに長くなる傾向があります。紫外線を浴びると肌を守るためにメラノサイトがメラニンを生成します。通常メラニンはターンオーバーで排出されます。ですが、ターンオーバーがみだれ、過剰にメラニン色素を含む角質細胞が長く表皮にとどまっているとシミの原因になるとされています。肌の代謝であるターンオーバーを正常に保つことが大切です。

抗酸化とビタミンCで肌力をつける

抗酸化作用のあるたべものやビタミンCを積極的に摂取することで内側からも紫外線に対抗できる肌力をつけることが大切です。

参考:抗酸化作用が高いと言われる食材の簡単に作れるレシピ集

先日紹介したものの他にも、小松菜やパセリ、ほうれん草。それからアスタキサンチンを含むエビやシャケなども抗酸化作用が高いと言われています。

化粧品対策で予防する

美白化粧品などは初期のごく薄いシミや、シミ予防として使うのがいいとされています。

メラニンは、チロシンという出発物質がチロシナーゼという酵素の力を借り、反応を繰り返すことにより生成されます。

美白効果が高いとして、クリニックでも取り扱いがあるハイドロキノンは、チロシナーゼの抑制効果があると言われています。

ただしハイドロキノンは刺激が強いので最初は顔が腫れた感じになることも。

美白化粧品の多くは、このメラニンの生成過程のどこかをブロックして、メラニンの生成を抑えるように作られています。

ですので、できあがってしまったシミには効かないわけです。

もう出来上がってしまった日焼けによるシミは、メラニンの生成過剰だけでなく、皮膚全体が老化して皮膚構造自体が変化してることもあるそうです

様々な美白化粧品はあうあわないがあると思いますので、自分に合ったものを使うようにするといいでしょう。また、ビタミンC誘導体は、美白作用に加え皮脂の分泌もコントロールするので毛穴対策としても使われます。

できてしまったシミには・・・

もうできあがってしまったシミに対する治療としてはレーザーによる治療が多いようです。

ただし、いわゆるシミ(老人性色素斑)と肝斑の場合では、対応できるレーザーが異なります。

シミには、Qスイッチ・アレキサンドライトレーザーなどが使われます。照射後数日すると濃くなってとれます。照射後は絆創膏で肌を保護する必要があります。また、クリニックで処方されるトレチノイン・ハイドロキノンなどの塗り薬治療もありますが使用方法を守ることが必須のようです。

肝斑には、スペクトラというレーザー治療が美容皮膚科などであるそうです。また内服薬などもありますが、服用の仕方には注意がいるそうです。

まとめ

以上、シミの原因と予防方法についてまとめてみました。メイクで隠すって手もありますが、できればシミのない肌でありたい。毎朝、毎朝隠すって面倒ですからね。

それでは最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

kirei womanの注目記事を受け取ろう

be56efd990a5a57177e1f7e1a58ae9d5_s

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kirei womanの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

kirei woman 編集部

kirei woman 編集部

コメントを残す

*

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この人が書いた記事  記事一覧

  • いちご鼻の解消したいなら「リメリー」その8つの理由とは?

  • イビサクリームを最安値で買えるのココでした!黒ずみで悩んでる方は必見です!

  • 足の裏が臭い女子必見!納豆のような強烈なニオイを解消する方法

  • 遺伝子によりちがう!?体型別ダイエット成功の秘訣とは?