1. TOP
  2. 思わず触れたくなる肌になるために。肌力を上げる実践法
Sponsored Link

思わず触れたくなる肌になるために。肌力を上げる実践法

美容
  449 Views
portrait-804062_640

肌はキレイの土台。

肌がキレイだとメイクも映えます。

いくらパーツメイクに力を入れても、肌のキレイにはかなわない。

とひしひしと実感しています。

キレイな肌は自信にもつながります。

やっぱり肌だなぁと。

シミなし。シワなし。ツヤツヤ潤い肌。それだけで軽くマイナス10歳。

年齢を重ねるごとに土台である肌のキレイさは重要だと思う今日この頃です。

肌をキレイにするために、キレイに保つために大切なことは、肌そのものを、荒れにくい、トラブルがおこりにくい、強い肌にすることが大切です。

肌力をあげることで日中受けてしまうダメージやストレスから肌を守ることにもつながります。

肌を強くするために、ケアで大切だと思うのは、保湿角質ケアでターンオーバーを整えること。それと血流を促すこと。

自分の肌の状態を観察しているとこの3つが大切だなと思います。

Sponsored Link

 

1、肌の保湿力を上げる

美肌の要は保湿と言われるくらい保湿は大切です。

外から補うことも大切ですが、内側にある保湿成分を下げないことが大切。なぜなら、人間の肌には水分を守る保湿成分が元々備わっているから。肌の保水成分の中で最も重要と言われているのが、セラミド。ただ、年齢と共に減っていくと言われていますので、セラミドを含んだ美容液などを使うことが大切と言われています。だから、最強はセラミド入りのものを使うようにしています。

2、角質ケアする

毛穴の出口の角質が厚くなる角質肥厚になると肌は透明感が損なわれ、くすんでいきます。

古い角質が溜まってしまったり、ターンオーバーが低下してしまうと肌力が下がるなと。肌を触った時にザラザラしていたら角質がたまっているなと思います。

元々角質が溜まりやすいので、特に皮脂が分泌しやすいこれからの季節。余分な角質を取り除く適度なピーリングなどのケアが必要かなと思っています。なので、医療機関で月1回レーザーをあてています。また、日常のケアとしては酵素洗顔料を取り入れたりしています。

3、血流を促す

血流が滞りがちになると血液がよどみ、健康的な血色感が失われ、肌色のトーンもにごりがちに。肌の奥に流れる血液の色も重要と言われています。

マッサージなど血流を促すケアを取り入れることが大切だとは思うんですが、手で行うマッサージだと下手に擦ってしまうと摩擦になってくすみにつながりかねません。

手で顔に直接触れずに行えることとして表情筋トレーニングを取り入れてます。

まとめ

以上、思わず触りたくなるような、肌力が高い肌になるために大切だと思い実践していること3つのポイントとして上げてみました。

それと最も大切なのは健康。ここ数日体調が優れなかったのでとくに健康は大切だと思います。体がしんどい時はキレイなんて二の次になってしまいますから。健康第一に実感しています。

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

kirei womanの注目記事を受け取ろう

portrait-804062_640

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kirei womanの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

kirei woman 編集部

kirei woman 編集部

コメントを残す

*

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この人が書いた記事  記事一覧

  • いちご鼻の解消したいなら「リメリー」その8つの理由とは?

  • イビサクリームを最安値で買えるのココでした!黒ずみで悩んでる方は必見です!

  • 足の裏が臭い女子必見!納豆のような強烈なニオイを解消する方法

  • 遺伝子によりちがう!?体型別ダイエット成功の秘訣とは?