1. TOP
  2. 海外では常識 デリケートゾーンのケア事情
Sponsored Link

海外では常識 デリケートゾーンのケア事情

美容
  454 Views
IMG_2549 (1)

あなたのデリケートゾーンは大丈夫?

・下着が汚れやすい

・体臭が気になりや

・実はワキガまたは、身内にワキガがいる

・どちらというと毛深い

・耳垢が湿っぽい

・脂性

これ、2つ以上当てはまっていたりしませんか?
そんな方は…要注意です。

いますぐ、あそこのケア必要です。
デリケートゾーンのケアしてますか?

海外では、当たり前とされデリケートゾーンのケアですが、日本ではまだまだ浸透していない…
日本女性は奥ゆかしいなんて、今は昔のはずなのに、デリケートゾーンのケアとなるとやっぱりちょっと恥ずかしいと感じてる人が多いみたい。

でもね。考えても見てください。
大切な体のことですよ。
ちゃんと考えてあげないと。
自分自身のためにも。
そしてパートナーのためにもね。

それでは、前置きが長くなりましたが、海外でのデリケートゾーンのケア事情についてお伝えしていきますね。

お国によっては常識とされてるところもあるんです!

Sponsored Link

海外のデリケートゾーンのケア事情

〇アメリカやヨーロッパなど欧米諸国→小さい頃からの常識。

〇ブラジル
リオのカーニバルで着るような極小ビキニを履きこなすためにヘアはVIOともきれいに整えているようです。また、小陰唇がビキニからはみ出さないように切除する手術も敷居が他の国より低い

〇イスラム圏
裕福な国ではワキ・アンダーヘアともにお手入れが常識の国が多い。宗教上ビキニを着て海で泳ぐことはないのに、女性の美意識がデリケートゾーンまで及んでる。

〇韓国
お隣の韓国も意識されはじめてる。

美の国フランスでは・・・

フランスではデリケートゾーンの美容意識が深く浸透していて、
日常的にケアしてる女性たちが多いと言います。
デリケートゾーンを完璧に手入れするのも、美容習慣のひとつなんだそうです。

実際にフランスでは、デリケートゾーン専用のソープが日本の売り場と比べると
3倍はあると言われています。
薬局によっては、レジの横の大事なスペースを陣取ってることもあるそうです。
それくらいフランス女性にとっては、マストアイテム。

洗顔用、ボデイ用、デリケートゾーン用と3つを使い分けることが
当たり前に生活の中に浸透しているようです。

また、小さな子供のうちから使えるものや、デリケートゾーン専用のボディケアラインも
あったりと美の先進国だけあって、このあたりはだいぶん進んでいるようです。

フランス人にとってデリケートゾーンのお手入れは、
『若い女性、ワーキングウーマン、年齢を重ねたエレガントマダムなどあらゆる年代の女性にとって大切なこと』

女性の大切な部分もちゃんとケアするからこそ、凛とした自信や自己肯定感につながるんだそうです。

また、フランスだけではなく海外ではデリケートゾーンのケアは当たり前。
普通にちゃんケアしているようです。

だから日本女性もちゃんとケアしましょう!

ほらね。海外ではこんなに

だから、私達、日本女性も負けずにちゃんとケアしましょう。

外国人友人に聞いたら、日本人の美意識はすごい!メイクもファッションも完璧で、街にキレイな人が多いって言ってました。

見た目はキレイで美意識が高いのに、見えないところがイマイチなんて、ありえないんだそう。

特に、フランス人の友人が言うには、腕や脚は脱毛するのに、アンダーヘアだけ手つかずなんて「無頓着すぎる」んだそう。毛がボーボーなんて…
と驚愕してまさた。

 

 今すぐ始めるべきデリケートゾーンのケア

 それでは、今すぐやったほうがいいデリケートゾーンのケアについてお伝えしますね。

だいたいみんな悩んでるのが、黒ずみ、ニオイ、毛の手入れ、かゆみ、ムレ。

コットンの下着を身につける

また、下着でしめつけないようにしましょう。
下着による締め付けは肌トラブルの元。また、トイレットペーパーやおりものシート、ナプキンなどによるかぶれや摩擦、下着と肌との摩擦などでメラニン色素が沈着することで黒ずみの原因になります。

専用ソープ、化粧品でケアする

あそこはデリケートゾーンって言われるだけあって、とってもデリケートなところ。
だから、それ用の商品でちゃんとケアしてあげましょう。
石鹸でゴシゴシこすり洗いは間違ってもしないでください。

デリケートゾーンの毛を整える

伸びっぱなしにしていませんか?まさか、ショーツからはみ出てるなんてことありませんよね。。。

定期的にカットするか脱毛するようにしましょう。
アンダーヘアのお手入れを怠ってしまうと、ニオイや不潔を招いてしまいかねません。
アンダーヘアのお手入れまでしてないって人が多い。
だからこそ、ちゃんとしてると女としての株があがります。

ニオイの原因を知って対策する

一口に、デリケートが臭うと言っても、その原因により様々です。

デリケートゾーンのニオイケアをするためには、そもそもなんで臭ってるのかを知る事が大切です。

こちらの記事で原因と対策についてお伝えしてますので、チェックしてみて下さいね。

モテ女はケア必須。あそこのニオイが臭い…原因と対策法

生活習慣を改善する

夜更かし、ストレス、暴飲暴食。
不規則な生活や食生活の乱れ、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、年齢により肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が乱れ、その結果、古い角質が排出されず残り、 黒ずみの原因になります。
それはデリケートゾーンだっておなじこと。生活習慣を今一度見直してみましょう。

まとめ

 今回は海外のデリケートゾーンケア事情についてお伝えしました。

みんな人知れず悩んでるデリケートゾーン。

悩んでるけど、誰にも言えない、相談できないとひとりで悩んでる人が多いようです。

だから、ケア方法についてお伝えしました。

 

 

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

kirei womanの注目記事を受け取ろう

IMG_2549 (1)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kirei womanの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kirei woman 編集部

kirei woman 編集部

キレイになるなら恋と美容。
いつまでたっても、キレイで可愛くいたい女性たちのため、キレイの情報を日々発信してます!
ご意見、ご感想がありましたらメッセージを送ってください。

コメントを残す

*

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【お尻ニキビ】痛痒いし、恥ずかしい。早く治すための方法とコツとは?

  • 何をやっても痩せないのは『水毒』のせいかも。原因と改善法とは?

  • 塩断食でむくみ解消へ。体に溜まった『古塩』を排出する方法とは?

  • リメリーの口コミから新発見!いちご鼻の解消に人気の8つの理由とは?