1. TOP
  2. 睡眠前のたった3分でできるリラックスして眠りにつく方法
Sponsored Link

睡眠前のたった3分でできるリラックスして眠りにつく方法

ライフスタイル
  230 Views
1b9276f39e1aead3e09168dcad351879_s

睡眠中はお肌の再生タイムと言われています。キレイのためにも睡眠は大切です。

美肌に必要なものはまず睡眠と言われたりもします。

夜遅くまでスキンケアに時間をかけるくらいならさっさと眠ってしまった方がいいとも言われたりします。

確かにお風呂にも入らず、顔も洗わずに9時頃寝てしまった朝でも肌の調子が良くなっている時があります。そういう時はだいたい5時頃には目がさめます。朝からゆっくりお風呂に入るのんですが、気持ちいいったららあしゃしない。朝風呂っていいですね。温泉に行きたくなります。

お風呂もいいですが、睡眠は人間の体に必要な時間。

心地よく質のいい眠りにつくためにも睡眠環境を整えることが大切です。

そこで睡眠環境を整える方法を紹介します。

質の良い睡眠から得られるメリット

毎日の生活において必要不可欠な睡眠。身も心も休ませることで次のようなメリットが得られると言われています。

ストレス解消

睡眠中に脳は感情を整理します。眠っている間の6時間で脳の中の海馬は記憶の選別を行うと言われています。いらないことは忘れることでストレスの軽減につながります。

肌がキレイになる

睡眠中には成長ホルモンが分泌されます。眠りについてからの3時間が勝負です。この間に目がさめることなく質のいい睡眠をとることで成長ホルモンの分泌を促します。

成長ホルモンの働きが鈍るとターンオーバーが正常に行われず、細胞の入れ替わりができなくなってしまい、肌荒れをおこしてしまうこともあります。

疲労回復

活動していた体や脳を休ませてあげると疲労回復しますね。また成長ホルモンだけでなく女性ホルモンにも睡眠は必要不可欠です。女性ホルモンの恩恵を受けている私達女性の体はホルモンバランスを整えることが必須です。ホルモンバランスが整うと免疫力も自律神経も整います。

睡眠環境をよくする方法

照明 

まずは照明です。明るすぎる照明ではなく間接照明など少し照度を落としたものがおすすめです。白っぽい光よりもも暖かみのある光のほうがおすすめです。またできたら眠る前にPCやスマホなどは控えたほうがいいでしょう。

音楽 

眠る前に聞くなら激しい音楽よりもヒーリングミュージックなど脳がアルファ波になれる音楽にしましょう。

寝具 

マットレスは寝返りがうてるくらい適度な硬さがある方がいいそうです。枕は高すぎず、低すぎず、首のカーブにあうものがいいそうです。ストレートネックを防ぐためにも首のカーブは大切です。

香り

いい香りをかくのはおすすめです。

というのも鼻から取り込まれた芳香成分は、直接大脳辺縁系の扁桃体や海馬に伝えられます。そのため香りはダイレクトに感情や本能を支配する脳に作用します。

夜におすすめな香りは鎮静効果のあるラベンダーですが、自分の好きだと思う香りでいいと思います。いい香りをかいているだけで癒されませんか?私はローズや最近ではパロマローザも好きです。

リラックスする

いい眠りに就くためには、リラックスして眠りにつくことが大切です。リラックスするためにおすすめな方法は複式呼吸です。簡単なやり方です。

①椅子に座ったり、仰向けになったりとゆったりとした姿勢で軽く目を閉じ、まずはゆっくりと口から息を吐き出す

②吐き切ったら、鼻から息を吸う。お腹を膨らませるようにする。1から10まで数える。

③5回程繰り返す。

無になれたらなおさらいいです。

複式呼吸はヨガや瞑想にも通じる呼吸法です。

自律神経には交感神経と副交感神経があります。交感神経は活発に活動している時に働き呼吸は浅い、副交感神経は活動が緩やかな時にはたらき呼吸は深くなります。そして交感神経と副交感神経のどちらが優位になっいるかは呼吸と関係があります。つまり呼吸を深くすることで交感神経の働きを抑えて、副交感神経を優位にすることができるのです。

副交感神経が優位になると体はリラックス状態になります。

普段の生活においては呼吸が浅くなりがちで、呼吸が浅くなると交感神経が優位になってしまいがちにありますが、複式呼吸をすることで意図的にリラックスした状態を作り出すことができるのです。

リラックスした状態で眠りにつくほうが質のいい睡眠を取れるそうです。

複式呼吸はお腹を意識しての呼吸ですが、おへその5~7センチくらい下にある臍下丹田を意識して呼吸するとなおよいでしょう。

今晩から、眠りにつく前に5分時間をとって腹式呼吸を始めてみてはいかがでしょうか?

まとめ

a7829e878a0c33eb1212a78b8f3a1d5c_s

人が能力を一番発揮できるのはがんばっていない、力が抜けている時、リラックスしている時、無意識でやっている時との研究結果もあるそうです。

リラックスすると身体の機能が正常に戻ることがあるとも言われています。

脳科学では、人は緊張したり、がんばらないとと力んだ状態ではパフォーマンスがおち本来の能力を発揮できないと言われたりします。リラックスした状態のときにアルファ波が現れ能力を発揮できるんですね。

リラックスは睡眠だけでなく本来の能力を発揮する場面においてもいいそうですよ。

1日の中の1/3~1/4を占める睡眠タイム。どうせなら質のいい睡眠をとりたいですね。

そしてキレイになれるなら、なおさら嬉しいですね。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

kirei womanの注目記事を受け取ろう

1b9276f39e1aead3e09168dcad351879_s

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kirei womanの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kirei woman 編集部

kirei woman 編集部

キレイになるなら恋と美容。
いつまでたっても、キレイで可愛くいたい女性たちのため、キレイの情報を日々発信してます!
ご意見、ご感想がありましたらメッセージを送ってください。

コメントを残す

*

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【お尻ニキビ】痛痒いし、恥ずかしい。早く治すための方法とコツとは?

  • 何をやっても痩せないのは『水毒』のせいかも。原因と改善法とは?

  • 塩断食でむくみ解消へ。体に溜まった『古塩』を排出する方法とは?

  • リメリーの口コミから新発見!いちご鼻の解消に人気の8つの理由とは?