1. TOP
  2. CO2レーザー後のダウンタイムをなんとかやり過ごす方法
Sponsored Link

CO2レーザー後のダウンタイムをなんとかやり過ごす方法

c68606fd917b68d1b40e04b6c63138d0_s

先日、CO2レーザーを受けました。

クリニックでのレーザーやピーリングなどの美容系の施術でいつも悩ましいのは、赤み。そして乾燥。

いわゆるダウンタイムといものです。

これもキレイになるためのステップとして必要なことだけど、できれば早く治ってキレイになりたいものですね。

また、レーザーやピーリングを受けてみたいけど・・・

ダウンタイムが気になって・・・

て方もいらっしゃると思います。

そこで、ダウンタイムとはどういうものか?ダウンタイム時にやってることを紹介します。

今回はCO2レーザーをあてた直後なので、CO2レーザーのダウンタイムを中心にお伝えします。

関連記事鼻の毛穴の開きで悩んでいた私の解消法

 

そもそもダウンタイムとは?

ダウンタイムとは施術を受けてから、施術前の日常生活に戻るまでの期間のこと。

施術によってもダウンタイムは異なります。

私が最近あてたCO2レーザーだと1週間くらいと説明を受けました。これは、乾燥というか小さいかさぶたが剥がれ落ちるまでの期間です。赤みは初日に治りました。

CO2レーザーについてはこちら→湘南美容外科でフラクショナルCO2レーザーをあてました

レーザーではないのですが、以前に受けたニードルセラピーという施術の時は、内出血もしてしまったので赤みがなくなるまで数日かかりました。

ニードルセラピーについてはこちら→美肌になるべく行ってきました♡ニードルセラピー体験記

レーザーピーリングを顔全体にあてた時は、さほどダウンタイムは感じませんでした。

ピーリングは種類によっては乾燥が続きました。

ハーブのピーリングを受けた時は、顔の皮がひとかわ剥けるんじゃないかってくらい、ボロボロと皮剥けが続きました。1週間くらいかかりましたね。専用の化粧品必要だったり、数日後に再度施術が必要だったりとなにかと面倒でした。一皮は剥けました。

施術、個人差もありますが、長くて1週間くらいですかね。

ですので、レーザーやピーリングなどを受けるなら、あらかじめダウンタイムを想定しての予定立ても必要です。

直後に大切な用事がある時は、避けましょう。

どうしてもキレイでいたい日があるのなら、1週間は前に受けることをオススメします。

ダウンタイム時の症状

赤み

CO2レーザーの場合は、肌に小さな穴を開けていきますので、やはり赤みはでます。個人差はありますが、私は直後真っ赤になりました。そして、直後はヒリヒリと痛い。麻酔クリームを塗ってもらっても痛い。レーザーのジュールの強さにもよります。お冷やしは必須です。施術後は大概5〜10分冷やしてもらえると思います。

私の場合は、赤くなりやすいですが、CO2レーザー後の赤みはその日のうちにはおさまりました。

内出血

CO2レーザーでは内出血したことはありませんが、ニードルセラピーという施術の時は内出血しました。

その時の対策→あ〜。1分1秒でも早く治したい。内出血を治す方法

乾燥

CO2レーザーやピーリング後に一番気になるのは乾燥だと思います。

CO2レーザーの場合は、傷跡が小さなかさぶたとなって剥がれ落ちます。ついつい、こすってしまいたくなりますが、こするのは厳禁。自然に剥がれ落ちるのほうがいいです。

レーザーやピーリングをすると、不要な角質が剥がれ落ちていくため、カサカサした症状になりやすいです。

ですので保湿は必須です。

『保湿してくださいね』って言われると思います。

ダウンタイム時のケア

メインは保湿です。私は保湿クリームを多めに塗っています。

ビーソフテンクリーム

FullSizeRender-18 のコピー 5

よく使っているのが、皮膚科で処方してもらえる保湿クリームのビーソフテン。

このビーソフテンクリームの主成分は「ヘパリン類似物質」という保湿成分です。このヘパリン類似物質は浸透力、保水力ともに優れているだけでなく安全性も高いことから赤ちゃんにも処方されています。また、傷跡用の薬として市販されている『アットノン』にも含まれてる成分です。

白色ワセリン

白色ワセリンは、不純物が含まれる量が少ない、純度の高いワセリンです。

白色ワセリンは、黄色ワセリンよりも厳密に不純物を取り除いています。肌に刺激を与えないので、傷口の保護や美容クリームなどの様々な用途に使われています。

白色ワセリンは日本薬局方などから販売されています。

ダウンタイム時の外出はどうする?

マスクで隠す

IMG_2552 (1)

一番使えるのはマスク。施術によっては、直後にメイクができないこともあります。

CO2レーザーも直後にメイクできません。24時間後からになります。せっかく受けた施術の効果を半減させない、デリケートになってるお肌のためにもきちんと守りたいですね。

マスクがあると顔の大半を隠せるので、レーザーやピーリングするなら必需品です。

コンシーラーで隠す

メイクができるようになっても、赤みが続いてるならコンシーラーで隠すといいでしょう。

私もニードルセラピーという施術を受けて内出血した時はコンシーラーを使ってました。

乾燥対策

一番きになるのは乾燥。赤みよりも乾燥のほうが続くように思います。乾燥するときは、パウダーファンデーションはお休み。パウダーだと余計に粉がふいたよいな状態になりカサカサしてしまいます。

できればリキッドなど液状のもののほうがいいです。毛穴が開いていると、リキッドファンデーションは避けがちになってしまいませんか。

何が嫌かというと、リキッドファンデーションの毛穴おち。リキッドファンデーションが毛穴に詰まっまて見えてしまうと肌がキレイにみえません。ですので、パウダーを使ってるって方を聞きます。

ただ、レーザーやピーリング後のダウンタイムで、角質落ちの期間に限っては、軽めの液状のもののほうがいいと思います。

パウダーはどうしても乾燥させてしまうので、カサカサ、皮が浮いてる状態になってしまいます。リキッドの上から軽くお粉のほうがしっくりくるように思います。

紫外線対策

それと、レーザーやピーリング後のお肌はとってもデリケートな状態です。

日焼けは厳禁。日にあたらずに過ごすことが理想です。ですが、引きこもってばかりもいられない。外出をする時は対策も忘れなく。ただし、肌に直接つけるのは、肌につけてもいい時間になってからにして下さいね。

まとめ

9dcb07809eca55ff9710debc30c90c10_s

レーザーやピーリングなども、上手く取り入れていけば、肌の改善、美肌への手助けになると思っています。

ただ、直後のダウンタイムはできるだけ早く終わって欲しいというのが願いですね。

そのためにも、大切なのは保湿。それから紫外線対策も必須です。

以上、CO2レーザー、そのたレーザーなどの後のダウンタイムについてでした。

あくまでも個人差はありますが、私の場合はこんな感じです。ダウンタイムってどんなものかの参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

 毛穴の開きが気になる方にはこちらの記事も参考なります!

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

kirei womanの注目記事を受け取ろう

c68606fd917b68d1b40e04b6c63138d0_s

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kirei womanの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kirei woman 編集部

kirei woman 編集部

キレイになるなら恋と美容。
いつまでたっても、キレイで可愛くいたい女性たちのため、キレイの情報を日々発信してます!
ご意見、ご感想がありましたらメッセージを送ってください。

コメントを残す

*

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【お尻ニキビ】痛痒いし、恥ずかしい。早く治すための方法とコツとは?

  • 何をやっても痩せないのは『水毒』のせいかも。原因と改善法とは?

  • 塩断食でむくみ解消へ。体に溜まった『古塩』を排出する方法とは?

  • リメリーの口コミから新発見!いちご鼻の解消に人気の8つの理由とは?